赤ちゃんのスキンケア

赤ちゃんの肌は大人と随分違いますが、そうなってくると気になるのがスキンケアの方法です。

お察しのとおり、赤ちゃんのスキンケア方法は大人とは異なってきて、認識ミスが肌トラブルを招く可能性もありますので、子育ての予備知識としてしっかりと把握しておきましょう。

人間の肌にはバリア機能が備わっているのですが、実は赤ちゃんの肌にはバリア機能が完全には備わっていなく、これから成長に伴って作られていく機能になるのです。

そのため、バリア機能が備わっていない肌を守ってあげようと思うかもしれませんが、市販の保湿剤などに頼りっぱなしで、過度に保湿をしてしまうと、赤ちゃんのバリア機能が上手く形成されないのです。 これは、保湿剤の力に頼ることによって、肌のバリア機能が必要ないとみなされてしまう状態で、このようなことからも過度な保湿については十分に注意しましょう。

また、お風呂に入れすぎるのも注意が必要で、清潔を保つためにはお風呂、これは誰でも考えるような事柄なので余計に注意が必要なのです。 赤ちゃんを頻繁にお風呂に入れてしまうと、赤ちゃんの肌に必要な成分までを洗い流してしまうのです。

赤ちゃんの体からも老廃物が出るのですが、中にはその老廃物が保湿剤の代わりをするような場合もあって、これを洗い流してしまうことによって、逆に赤ちゃんの肌が危険に晒されてしまうこともあるのです。

このように少し大人のスキンケアの常識とは違いますので注意しましょう。