コミュニケーション能力を高める

会話はコミュニケーションにおいては非常に重要な部分です。

これについては大人になってからビジネスの現場において痛感したという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

子供に辛い思いをさせないためにも、日頃から会話の訓練をして、コミュニケーション能力を磨くことも重要になってきます。

日頃から工夫することで子供の会話能力を高めることも可能で、トーク力やコミュニケーション能力が高い人は、小さな頃から母親と会話の訓練を知らず知らずのうちにしていた、というケースも多くあるのです。

学校や幼稚園から帰ってきた子供に今日はどうだった、というような質問を投げかける親は多いのではないでしょうか。

お帰りなさいの後にいう定番文句として定着していますが、実はこの今日はどうだったは、あまり子供にとって好ましくない言葉になってしまうのです。

なぜならば、このようなお決まりの言葉はお決まりの返し文句を誘発するだけで、それは子供の考える力とは無縁となってしまうのです。

そのため、ここでの正解はより具体的な質問を投げかけることで、より子供に長い文章で答えを説明させることが重要になってくるのです。

そのためにはこちらも具体的な質問を投げかけてあげる必要があって、今日はどうだった、ではなく今日の国語や算数はどうだったと、より範囲を狭めて具体的に聞いてみてください。 この質問の仕方だと、子供が国語や算数について感じたことを長々と説明してくれる可能性があって、これが会話の能力に繋がっていくというわけです。