スプーンデビューについて

赤ちゃんの中でスプーンデビューを経験する赤ちゃんは多いです。 赤ちゃんにとっても使いやすいスプーンですが、スプーンデビューの際には気をつけることもあって、注意を怠ってしまうと思わぬトラブルの引き金になってしまうこともあるのです。

そのため、スプーンデビューを控えた赤ちゃんの母親は、スプーンデビューの際の注意点について把握してみてはいかがでしょうか。

スプーンデビューをした赤ちゃんの反応は様々で、喜んで口を開けてくれる子供もいれば、中には頑なに口を閉じてしまう赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの口はまだ小さいので、その小さな口にあわせたスプーンがピッタリで、シリコンやプラスチック製の口当たりの良いスプーンをチョイスするようにしましょう。 こうすることで赤ちゃんにとっても違和感になりにくいはずです。

赤ちゃんがなかなかスプーンを使いこなしてくれない時は、お母さんが大きな口を開けて見本を見せてあげるようなことも大切です。

これを見た赤ちゃんがお母さんの真似をして、スプーンに乗ったものを食べてくれるでしょう。

やはり少量から始めていくのが無難で、飲む量にも限界がありますので、少しずつ増やしそれを見極めていってください。

温度などについてもひと肌という目安があるものの、これも好みに左右される部分で、赤ちゃんによっては少し熱めでなければ飲まない子供もいますし、冷たくなければ飲まない子供もいるのです。 スプーンデビューから我が子の好みを見極めてみるのも面白そうです。